職人の一言日記  2023年 9月

2023年 9月22日 金曜日
墨出し
彫刻の家・小倉南区

基礎ベースの生コン打設工事をおこなっていた南区の現場では、立ち上り部分の墨出し工事に入りました。


立ち上り部分とは家の土台部分のことで、その上に家を建てていくことで、床下の通気や点検のための空間が確保でき、家をより強く保つことができます。


地盤からの高さは建築基準法でも定められている重要な基礎工事のひとつですので、正確に立ち上り部分の墨出しを進めさせていただきます!


2023年 9月21日 木曜日
基礎巾木仕上げ
総無垢の木の家・小嶺

土間のコンクリート養生が終わり、外回りの配管工事を進めていた小嶺の現場では、基礎巾木のモルタル仕上げ工事に入りました。


基礎巾木とは、地面から出ている基礎の立ち上がり部分のことになります。


家の外観イメージにも関わってくる部分ですので、きれいな仕上がりになるようしっかりとした左官工事を進めさせていただきます!


2023年 9月20日 水曜日
基礎工事
彫刻の家・小倉南区

基礎配筋工事を進めていた南区の現場では、ベースの型枠設置が完了しましたので、生コン打設工事をおこないました。




これが家の基礎になり、全重量を均等に支えて保守していく大事な土台になりますので、コンクリートの中に含まれる空気などを排出し、しっかりと締め固めを進めさせていただきます!
 


2023年 9月19日 火曜日
基礎配筋工事
彫刻の家・小倉南区

基礎工事に入っている南区の現場では、引き続き配筋工事を進めています。


基礎配筋工事とは、この上に打設するコンクリートの強度を高めるために鉄筋を組んでいくという大事な工程になります。
 

この工程により、重い家を支えるだけでなく横からの圧力や引っ張られる力にも耐える強さを補うという重要な役割を担っています。


配筋を組み終えると周囲に枠を設置しまして、コンクリートを流し込む準備を進めさせていただきます!


2023年 9月18日 月曜日
基礎配筋工事
彫刻の家・小倉南区 総無垢の木の家・小嶺

捨てコンクリート打設工事をおこなっていた南区の現場では、鉄筋の加工が終わりましたので基礎配筋工事に入りました。


完成すると見えなくなる基礎こそが家を支えるための重要な土台になりますので、精密に配列しながら工事を進めさせていただきます。



また、土間の生コン打設の養生に入っていた小嶺の離れ建屋では、外回りの配管工事に入りました。


水を供給するための上水や、汚水を排水するための下水工事などの大事な作業になりますので、 水質保全に則ったの設備工事を進めてさせていただます!
 


2023年 9月16日 土曜日
基礎捨てコンクリート打設工事
彫刻の家・小倉南区

基礎工事に入り、基礎床掘工事を進めていた南区の現場では、捨てコンクリート打設工事を始めました。


 

この捨てコンクリート打設工事とは、地盤の上にコンクリートを敷いて人工的な水平面を作るためのもので、後にその水平面に正確な家の基準線(墨出し)を引くことができるようになります。




家の強度や構造には関わることのない打設のため捨てコンクリートと呼ばれていますが、この作業により基礎の中心や型枠の目印など正確な距離を測る事も出来るようになりますので、家を建てるという基礎の作業をするためにはとても大事な工程になります!
 


2023年 9月15日 金曜日
基礎工事
彫刻の家・小倉南区

擁壁工事を進めていた南区の現場では、養生が終わりましたので型枠解体工事をおこない擁壁が完成しました。
 

また、同時に準備を進めていた基礎工事も開始しまして、基礎床掘工事に入りました。
 

この床掘工事とは、家の基礎を作るために所定の深さまで掘削する作業のことになります。


その上に細かく砕いた砕石を敷いて転圧し、地盤を締め固めながら地盤面の安定化と平滑化を図っていきます。


これが終わると次は捨てコンクリート打設などを始めますので、要となる重要な基礎作りを進めさせていただきます!


2023年 9月14日 木曜日
擁壁工事
彫刻の家・小倉南区

ベースの生コン打設工事をおこなっていた南区の現場では、擁壁部分の型枠工事が完了しましたので生コン打設工事に入りました。
 

この型枠の中に生コンクリートを流し込んで頑丈な壁を作っていきます。


 

強度や耐震性を左右する基礎的な大事な工事ですので、しっかりと気泡を抜いて表面を均しながら仕上げさせていただきます!


2023年 9月13日 水曜日
焼杉
総無垢の木の家・小嶺

完成が近付いてきた離れ建屋の小嶺の現場では、土間の生コン打設工事を始めました!




より強度をもたせるためのワイヤーメッシュも敷き詰めましたので、ヒビ割れ等も防ぐことができます。




また外部ではテラコートや焼杉の手直しが終わりましたので、足場の解体工事をおこないました!


焼杉独特の味わい深い佇まいがエンジ色と相まって、素材そのものの経年美化の表情をこれからゆっくりと楽しんでいただければと思います。


2023年 9月 9日 土曜日
擁壁工事
彫刻の家・小倉南区

擁壁の鉄筋組み工事を進めていた南区の現場では、ベースの生コン打設工事をおこないました。
 



 

ベースの底部分の打設が終わりましたので、 擁壁の型枠工事にも入っています。
 

 

擁壁周りの整地工事も進めていますので、高低差から生ずる圧に強く丈夫な土地に仕上げさせていただきます!


2023年 9月 6日 水曜日
擁壁工事
彫刻の家・小倉南区 総無垢の木の家・小嶺

土地の擁壁工事を進めている南区の現場では、擁壁の鉄筋組み工事を始めました。




擁壁の鉄筋組みとは、高低差による土砂の崩れを防ぐためのものですので、背面からの土の圧に対して鉄筋を配置していく作業になります。
 
斜面をしっかりとコンクリートで補強していくための鉄筋組みを進めさせていただきます!


また離れ建屋の小嶺の現場では、テラコートの手直しや確認作業などをおこなっています。


黒みをおびた深く艶やかなエンジ色と、真っ黒な焼杉が少〜しづつ落ち着き始めていますので、ゆっくりと馴染んでいってくれることと思います。


2023年 9月 2日 土曜日
擁壁工事
彫刻の家・小倉南区

地盤補強工事をおこなっていた南区の現場では、土地の擁壁工事に入りました。
この工事は土地の高低差によって斜面が崩れるのを防いで土地を安定させるための工事のことです。


高低差によって生ずる高い部分からの圧や、土の中に溜まっている水圧、また地震などによる土砂崩れを防ぐためにコンクリートで補強していく土留め工事になります。
 

そのベースとなる擁壁の基礎を作るために地盤を所定の深さまで掘削する床掘工事もおこないまして、墨出し用の捨てコンクリート打設工事も始めました。
 

捨てコンクリートとは基礎の最下部分にあたる下地のことで、正確な位置を出す墨出しをするなど擁壁の基準となる重要な作業になります。


墨出しは擁壁の原寸大を下地に表していく基本になりますので、しっかりと墨出し作業を進めさせていただきます!



2023年 9月 1日 金曜日
外壁工事
総無垢の木の家・小嶺

軒裏や外壁のテラコート塗りを進めていた小嶺の離れ建屋では、下壁部分の焼杉張りをおこないました。


真っ黒の焼杉が独特な雰囲気を漂わせてくれるようになりましたよ〜
 

また壁には、付け柱や付け桁の取付け工事も進めています。


この付け柱とは、家を支える構造とは関係ない柱のことで装飾用の柱になります。
和の趣きを出すために古くから用いられてきた贅沢な装飾技法ですが、日本だけでなはくヨーロッパなどでも古典様式として多く見られる伝統的な装飾になります。
見た目の納まりも際立ちますので、情緒のある装いを凝らしていきたいと思います!


2023年 8月31日 木曜日
地盤補強工事
彫刻の家・小倉南区

先日地鎮祭をとりおこなった南区の現場では、地盤補強工事を始めました!




この工事は家を安全に支えるために、基礎となる地盤を強固な土台にするための大事な工事になります。
 
地中の硬い地盤に届くように杭を打ち、地盤沈下が起こらないよう最適で頑丈な地盤改良工事を進めさせていただきます。


2023年 8月29日 火曜日
テラコート
総無垢の木の家・小嶺

離れ建屋の内外作業を進めている小嶺の現場では、軒裏や破風のテラコート塗り工事に入りました。
 
テラコートとは弾性系塗り壁材のことで、日本のように寒暖の差の激しい地域でも高い耐候性を発揮する最適な仕上げ材になります。


外壁のエンジ色のテラコート塗りも進めていますので、時間が経つにつれ落ち着いた風合いに馴染んでくれると思います。


養生をおこないまして下壁部分の焼杉張りも進めさせていただきます!



2023年 8月25日 金曜日
内部工事
総無垢の木の家・小嶺 BIG STYLE・芦屋

焼肉専用離れ建屋の小嶺の現場では、引き続き内部の化粧合板張り工事を進めています。
 

 

離れにもしっかりとトイレの設置などをおこなっていますので、ご家族だけでなく社交場としても
思う存分楽しんでいただけたらと思います!



また大きな二世帯住宅邸の芦屋の現場では、階段手摺りの加工と取付け工事に入りました。
 

ここまで真っ白にこだわってみると煌びやかな空気感が漂ってくるものですね〜

屋内全体ともきれいに調和するよう内部工事を進めさせていただきます!


2023年 8月23日 水曜日
撮影
総無垢の木の家・鞍手

春に完成した鞍手のガルバリウム仕上げの鞍手邸。
その一際目をひくスタイリッシュな木の家に、撮影のため久しぶりにお邪魔させていただきました〜!
 

 

5月末に誕生された時はこんなに小さかった第二子の陽ちゃんも今ではお目々ぱっちりで、少〜し面白い井上の顔にもう釘付け。
 

撮影のためにズルズル〜と移動してもらったりと、陽ちゃんも大忙しでしたよね〜


本日はお休みのところ撮影時間を作っていただきありがとうございました。


趣味部屋なども隅々まで拝見させていただきまして良い写真がたくさん撮れました!
 

悠ちゃんも最後までいろいろなポーズとってくれてありがとね〜

自然に近い環境の中で大好きな絵本をたくさん読んで、悠ちゃんと陽ちゃんが伸び伸びと遊び学べる家になってくれることをお祈りしています。


2023年 8月22日 火曜日
離れ
総無垢の木の家・小嶺

焼肉専用離れ建屋の小嶺の現場では、引き続き内部と外部の工事を進めています。

電気配線工事が完了した内部では天井の化粧合板張り工事を進めていまして、防火サイディング張りが終わった外部では玄関ヒサシの取付けや瓦葺き工事に入りました!
 

 

外壁の塗り壁部分にはパテ処理をおこないまして、エンジ色のテラコートを塗る下準備を進めています。




また、塗り壁の下部分では焼杉張り工事にも入りまして、焼杉が落ち着くまでは職人達も真〜っ黒での作業が続きます。
 

焼杉とは、杉の表面を焼いて炭化させることで、水分などによる腐食に耐性のある頑丈な木材に仕上げたものです。
厚い炭化層で熱伝導率が低く木材特有の調湿効果もあります。
また、水分による耐性のほか、表面を焼くことで防虫効果や防腐効果の炭化作用がおこりますので、昔から海沿いの家には焼杉の文化がある地域もあり、塩分や砂を含む潮風の影響から劣化しやすい環境の家を守るための日本の伝統技法とも伝えられています。
年月を重ねるごとに様々な焼杉の変化が見られますので、その風合いを楽しんでいただければと思います。


2023年 8月18日 金曜日
新築美装
BIG STYLE・芦屋 総無垢の木の家・小嶺

キッチン工事などの内部造作をおこなっている芦屋の現場では、建具付け工事を進めながら養生上げをおこないました。


親世帯側のリビングフロアもきれいに仕上げておりますよ〜
 

こちらは親世帯と子世帯とを繋ぐ連絡通路。
玄関は別々ですので、親子と言えどお互いのプライベートはしっかり守ってくれます!


子世帯側の寝室や子供部屋も静かな色味になっていますので、体や心の緊張を和らげて落ち着ける空間を感じていただけると思います。
 

美装工事にも入っていますので、きれいにお引き渡しができるよう進めさせていただきます!
 


また、小嶺の現場の焼肉専用離れでは、電気配線工事に入りました。


一年中し〜っかりと空調の効いた室内で、ご親族揃っての快適な焼肉会を楽しんでいただけるよう進めさせていただきます!
 


2023年 8月17日 木曜日
地鎮祭
彫刻の家・小倉南区

彫刻の家を建てさせていただく南区の現場では、準備も整いまして地鎮祭がとりおこなわれました。


大事な家族の一員のワンちゃんにも参列してもらいまして、


首にはしっかりとクールネック装備で準備万端でした〜!



地鎮祭とは、地鎮の神々にこの土地を利用させてもらうことの許しを得て、土地に人が手を加える様子を神様にご覧戴きながら末永い繁栄と神の御加護を祈る祭事です。




 

日本では古くからお正月には歳神様、お盆には祖先の御霊を家にお迎えする伝統を大切にしているため、私達が住む家は単なる建築物ではなく神様をお迎えする特別な場所と考えられています。
そのため家を建てるにあたり大事な儀式として伝えられています。
 

無事に地鎮祭をとりおこなっていただき神々への挨拶もできましたので、大屋根邸の基礎工事に向け進めさせていただきます。


本日はお暑い中ありがとうございました!


2023年 8月12日 土曜日
キッチン工事
BIG STYLE・芦屋 総無垢の木の家・小嶺

内部の造作を進めている二世帯住宅の芦屋の現場では、親世帯側のキッチン工事に入っています。


大きな吹き抜けの中のとてもおしゃれなキッチンですので、床の大理石調フロアともかっこ良くマッチしそうで楽しみです!




キッチン同様に洗面やトイレなどの水まわりも同じトーンで仕上げていきますので、コンパクトでプライベートな空間こそ理想のデザインで過ごしていただければと思います。
 


また、小嶺の現場の焼肉小屋用離れでは、外部の防火サイディング張り工事に入っています。
 

外部からの衝撃にも強く、火災に対する安全性や耐久性にも優れた防火サイディング張りを進めさせていただきます!


2023年 8月10日 木曜日
遮熱透湿防水シート
総無垢の木の家・小嶺

小嶺の現場の焼肉小屋用離れでは、外部の足場工事をおこないまして、遮熱透湿防水シート張り工事を進めています。


遮熱透湿防水シートとは、湿気や熱を屋外に排出する働きがあるため結露やカビなどを防ぐ特徴があるシートのことになります。
また太陽の輻射熱(放射熱)を遮ぎるという特徴もあり、遠赤外線の熱線によって電磁波の形で伝わる熱を遮ることによって、家や人体を守ってくれるという強い壁に仕上がっていきます。


この壁に施していくエンジ色のテラコートや、真っ黒の焼杉の加工などの準備も進めていますので、母屋と同化したような立派な焼肉小屋に仕上げさせていただきます!


2023年 8月09日 水曜日
地縄張り
彫刻の家・小倉南区

解体工事が完了した南区の現場では、基礎工事を前に地縄張りをおこないました。


地縄張りとは縄張りとも呼ばれ、建物のおおよその位置や距離を確認するために設計図どおりに縄を張っていく作業のことです。
この作業で縄を地面に表すことにより、建物の配置やだいたいの位置と距離を確認すること出来ますので、おおまかなイメージ確認することができるようになります。

また、出入り口のスロープには道路や車両の泥汚れを防ぐため砕石敷き工事も進めています。
 

 

道路側には台風による土流れ出防止のための養生も完了しましたので、これからの基礎工事に向けての前準備を進めさせていただきます!
 


2023年 8月 5日 土曜日
間柱建て
総無垢の木の家・小嶺 彫刻の家・小倉南区

焼肉小屋の屋根仕舞いも終わり、柱工事をおこなっていた小嶺の現場では、間柱建てが完了しました。


 

引き続き柱の防蟻処理も始めましたので、丁寧に施してまいります!




また南区の現場では、無事に解体工事が完了しました。


整地などの次の工程に向け準備を整えさせていただきます!
 


2023年 8月 3日 木曜日
焼肉小屋
総無垢の木の家・小嶺

離れ兼焼肉小屋の前起こしを進めていた小嶺の現場では、無事に棟を上げまして屋根仕舞い工事をおこないました。
 

小屋と言えども、母屋同様に木造軸組でのしっかりとした離れに仕上げていますので、間柱建て工事も進めています。


間柱とは、柱と柱の間に入れていく小柱のことで、内部の壁などを支えるための下地受け材のことになります。
壁を補強しながらその荷重を受ける役割りも担っていますので、定められた間隔でしっかりと配置して壁材を固定させていただきます。


また外部では、屋根のルーフィング張り工事にも入っています。


ルーフィングとは屋根の防水材のことで、瓦などの屋根材の下に設ける建材のことです。
台風などで瓦がずれたりしても雨水が浸入するのを防ぐ役割がありますので、室内の結露防止や換気にもつながるようしっかりと施工を進めさせていただきます!


2023年 8月 1日 火曜日
躯体起こし
総無垢の木の家・小嶺 彫刻の家・小倉南区

焼肉小屋用離れの基礎工事を進めていた小嶺の現場では、立ち上がり部分の養生も終わりましたので、土台敷きをおこないまして躯体起こしを始めました。


この作業は、家の一番高いところに架ける棟木を上げる前までの工程のことになりますので、次の棟上げや屋根仕舞いの準備を整えさせていただきます!
 


また南区の現場では、引き続き解体工事をおこなっています。
 

頑丈過ぎる擁壁などもありますので、丁寧に工事を進めさせていただきます!
 


7月の職人日記へ

アーカイブ

2023年 8月
2023年 7月
2023年 6月
2023年 5月
2023年 4月
2023年 3月
2023年 2月
2023年 1月
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年 9月
2022年 8月
2022年 7月
2022年 6月
2022年 5月
2022年 4月
2022年 3月
2022年 2月
2022年 1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年 9月
2021年 8月
2021年 7月
2021年 6月
2021年 5月
2021年 4月
2021年 3月
2021年 2月
2021年 1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年 9〜10月
2016年 7〜 8月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月

ブログテーマ

彫刻の家・八幡
彫刻の家・中間
彫刻の家・古賀
彫刻の家・福岡市東区
彫刻の家・八幡西
彫刻の家・下関(姉家)
彫刻の家・下関(妹家)
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・小倉南区
彫刻の家・感田
彫刻のお店・TroisBerry
彫刻のお店・ClassicNon
エイジングの家・宮若
和製アンティーク大正浪漫・中間
洋の館・八幡西
スマートモダンの家・小倉
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・小嶺
総無垢の木の家・中の原
総無垢の木の家・直方
総無垢の木の家・小倉南区
総無垢の木の家・中間
総無垢の木の家・鞍手
総無垢の木の家・芦屋
総無垢の木の家・八幡
総無垢の木の家・遠賀
総無垢の木の家・八幡西
総無垢の木の家・若松
総無垢の木の家・感田
総無垢の木の家・福岡東区
BIG STYLE・芦屋
オリジナルの家・直方
シンプルモダンの家・祇園
リフォームの家・宗像
日々の話
メディア情報